■株式会社金子花火■秩父の花火歴史・埼玉県・秩父市・秩父夜祭・春祭り ■株式会社金子花火■秩父の花火歴史・埼玉県・秩父市・秩父夜祭・春祭り
秩父の花火歴史・秩父の花火歴史・秩父の花火歴史
秩父の花火歴史・秩父の花火歴史・秩父の花火歴史


■株式会社金子花火■花火大会・ウエディング花火・ブライダル花火・学園祭花火・音楽花火
・花火コンサート・花火会社・花火業者・煙火・芸術花火・花火製造◆◆◆「音楽花火」は、株式会社金子花火の登録商標です◆◆◆ 連絡先TEL03-5954-0980 FAX03-5954-0981
INDEX

■株式会社金子花火■花火大会・ウエディング花火・ブライダル花火・学園祭花火・音楽花火
・花火コンサート・花火会社・花火業者・煙火・芸術花火・花火製造
■株式会社金子花火■花火大会・ウエディング花火・ブライダル花火・学園祭花火・音楽花火
・花火コンサート・花火会社・花火業者・煙火・芸術花火・花火製造

銃砲史学会の銃砲史研究の一節に、・・・ ところが、ここに先々代から花火屋が住んでおり現在も住まって煙火を行としている金子家 のあることを知らされたのである。この家は、今まで「カバラザワ」という名前で呼ばれて いたそうで、これは桑原沢のなまったものだと言われた。今は、音楽花火で有名になった家 である。 ・・・略

この記述は、江戸時代末期に当社敷地において硝石の製硝作業が行われ幕府に納められたという 研究報告の一部である。秩父各地より硝石の混じった土を集め、水に溶き煮沸させ硝石を取り出した 場所が当社敷地であった、との内容である。当時は花火用ではなく銃砲用に生産されており、宇都宮 や水戸周辺と共に江戸へ移送されていた。

明治時代には、秩父各地の祭りで龍勢花火が盛んに行われ、当社でも龍勢の薬詰め作業が行われて いた。龍勢とは、農民が主体となり祭り等の際に、中をくり貫いた竹に火薬を詰めロケットの 様に打ち揚げるもので、現在でも秩父吉田の龍勢祭りは非常に有名で多くの観光客に喜ばれている。 またこの頃、日本に塩素酸カリウムが入ってきて花火を急速に発達させ、現在の日本の花火の 基本を築いた。

大正時代に入ると当社先々代が正式に火薬類製造取扱の許可を受け、本格的に花火製造を始めた。 400年の歴史を持つ秩父夜祭もこの頃から大々的に花火を行なう様になり、秩父市3社、周辺 地区3社の6社の花火業者が腕を競うようになる。

近年では、秩父市の花火業者は当社1社になってしまったが、秩父の花火の発祥の地である という責任と、この歴史と技術を守る義務を有することを再確認し日々努力する所存である。
株式会社金子花火//花火大会・ウエディング花火・ブライダル花火・学園祭花火・音楽花火・花火コンサート・芸術花火
花火大会や花火に関する事で、ご質問等があれば当社東京営業所にお気軽にご連絡下さい。